平清盛」、NHK局内でオワコン扱い! 「八重の桜」はエンタメ路線に軌道修正!?
(09/02)

8月5日の放送で、大河ドラマ歴代ワーストとなる視聴率7.8%をたたき出した『平清盛』(NHK)。
視聴率回復のため様々なテコ入れ策が発表されているが、26日の放送では2度目の1ケタ台となる9.8%をマークしてしまった。

最終回に向けて一向に盛り上がりを見せない同作に、NHKもお手上げ状態。
すでに局内では、"オワコン"扱いを受けているという。
『週刊現代』が報じている。

「本来なら最終回に向けて番組宣伝に力を入れる時期ですが、取材依頼も来ないし、宣伝担当は開店休業状態。
局内では完全に終わったことになっています」(NHK職員:週刊現代)

早々と『平清盛』に見切りを付けたNHKは、綾瀬はるか(あやせはるか=27)が主演を務める次回作『八重の桜』に注力。
リアリズム路線を追求した『平清盛』とは反対に、エンタメ路線で高視聴率を狙うという。

『八重の桜』の制作統括は2009年の『天地人』で平均視聴率21.2%を記録した内藤愼介氏。
テレビ雑誌記者曰く、彼の起用がエンタメ路線の追求を如実に現しているという。

「『天地人』は当初、局内で時代考証がいい加減だと批判されましたが、妻夫木聡ら若手人気俳優を起用し、エンターテインメント路線を追求して成功した。
今回も美人とは言いがたい八重役を綾瀬はるかに、西郷隆盛役を体型的には似ても似つかない吉川晃司が演じるなど、エンタメ色全開です」(テレビ雑誌記者:同)

出演者では他にも、元プロ野球選手・工藤公康氏(くどうきみやす=49)の長男・工藤阿須加(くどうあすか=20)や、人気ロックバンド「Dragon Ash」のKjこと降谷建志(ふるやけんじ=33)など、演技力よりも話題性を重視したようなキャスティングが見られる。
また、朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で一躍脚光を浴びた山本むつみ氏の脚本も、エンタメ色を強める大きな要素となりそうだ。

『八重の桜』はエンタメ路線で新たな視聴者を開拓し、大河ドラマ復権のキッカケとなれるだろうか。(伊原)


関連ニュース
松山ケンイチの衝撃私生活! 一年の半分は農業!?
綾瀬はるかと番組ロケでイチャイチャした芸人に嫉妬とバッシング殺到!?
綾瀬はるか、正月からシモネタドラマに出演! 制作陣の欲求に満ちた下品ぶり!
綾瀬はるかがブルゾンちえみの新ネタこき下ろすも、世間からは称賛!?
綾瀬はるかの性格の良さは本当だった! 関係者が語る秘蔵エピソード!
注目ワード
【人物】
綾瀬はるか | 松山ケンイチ
【キーワード】
八重の桜 平清盛 平清盛 視聴率 NHK エンタ はるか 現代 人気 宣伝 天地人 視聴 工藤 最終回 週刊現代 マツケン
【ニュースカテゴリ】

出産 破局 離婚 エンタメ 失言 ジャニーズ 熱愛 結婚 妊娠 不祥事 暴言
最新エンタメニュース



サイトのご案内へ
無制限99円 取り放題[TOP]

JASRAC許諾番号
6834131007Y41011
Blau